文字アーティスト Lis*y 〜文字に込めた想い
voicelis*y's voice
近藤印看板
いろんな気持ち
スタッフ:昨年、lis*y(リズワイ)さんは、フログッズWEBギャラリーを通じて「近藤印-高知酒店」さんの看板文字製作をされましたが、このお話があった時の感想と、完成した作品について聞かせて下さい。

Lis*y:お話を頂いたときは、とにかく本当にびっくりしました。"看板=お店の顔"というイメージを持っていましたので、嬉しさ反面「自分に出来るのか?」と、とても不安になったのを覚えています。 ですが以前、フログッズ作品展で私の作品を気に入ってくださった、"近藤印"さんからのお話だったこともあり、「自分が納得出来るものを作れば、きっと気に入って頂けるはずだ!」と決心し、取り組みました。

そして、実際に完成した看板を見たときは、私の書いた作品が「本当に形になっている!」ということを実感し、とても感動したのを覚えています。


生みの苦しみ、その先に
スタッフ:仕事として文字を書くことは、思いのまま作品を作ることとは違った部分があると思いますが、完成までの話を聞かせて下さい。

lis*y:まず、看板イメージをお聞きして、それからは"近藤印"という字に慣れようと、何度も何度も書きました。
けれど、いくら書いてもピンときませんでした。それで一時期、「私に頼まない方が良かったのではないか?」とスランプに陥っていた時もありました。ですが、そんな時に工事中のお店を見たことがキッカケとなり、「あ、これ良いかもしれない!」と思うものがやっと一つ出来ました。

何より嬉しかったのは、完成した時に笑顔でかけて頂いた「ありがとう」の言葉です。これが本当に嬉しくて、「この活動を始めて良かった」と心から思うことが出来た瞬間でした。

lis*yさん
不思議かつ素敵なもの
スタッフ:lis*yさんにとって、"書"とはどういうものでしょうか?また、今後の目標なども聞かせて下さい。

lis*y:私にとって書は、生活の一部というか、自分の感情表現の場所だと考えています。実は元々、書道は好きではありませんでした。 ですが、初めて創作書道を書いた時の文字が、自分の心境にピッタリで凄くイメージが沸き、同時に"自分の気持ちが文字に現れる"ことも知りました。それを形にしていくことが楽しくて、書道というより筆で書く文字にはまっていきました。
またこれからは、自分自身の技術の向上と、もっと認知して頂くことを重点的に置きたいです。
まだ目の前に書道が上手な方がいたら萎縮してしまうので、そんなことがないように頑張ることと、自分らしい書風を確立して、色んな人に喜んで頂きたいです。
フログッズへの思い
スタッフ:最後に、フログッズ利用者へのメッセージをお願いします。

lis*y:私にとって"第一歩"と言えるお話を、フログッズを通して頂けたこと、本当に感謝しています。また、フログッズを見てくださっている方、このページを読んでくださっている方にも感謝します。 これからも頑張っていきますので、よろしくお願い致します。

※記事・写真等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。

lis*y  【ギャラリーはコチラ】

文字アーティスト
1987年生まれ、高知市在住
幼い頃から書道などに触れ、様々な展覧会で賞を獲得する。
フログッズWEBギャラリー利用中
このアーティストのスペースへ